広告

どうも、ツレヅリストの蒼です。
今は書店員もやってます。

でね、思うことはひとつ。
お客さんのときも、店員のときも。
意識することは一つ。
「笑えばいいと思うよ。」
ってことかな、と。

そうすれば、きっとお互いちょっと幸福に歩み寄れる。

12月の書店は戦場である

来ましたよ、本格的に。
書店が戦場になる季節が稼働してます。

びっくりしたよ、開店して30分後に50m以上のお会計の列ができたときは。
レジから、遥か遠くの入り口エリア前行列できてて、血の気引きましたわ。
「え、これから1日ずっとこんな状態なの?」って。
(実際、夕方16時ぐらいまでずっとそんな状態・・・)

うちの書店が入っているモールのBGMはクリスマス定番みたいな曲ですけど。
可愛い女の子の声で、英語にカバーされた「クリスマスイブ」とか「To Love you more」がエンドレスリピート。

そぐわねぇわ、そんなん!!
こちとら、「あなたを愛してる♪」みたいなノリじゃないから。

流すなら、こっちだと思う▼

ここはね、戦場なんだわ。
私がこの場所で散ったら、この曲を流してくれ・・・。

みんな戦死覚悟でレジ入ってますから。

いつも以上に長く伸びる列。
5人に1人のペースでやってくるプレゼント包装。
3歩歩くと捕まる問い合わせ。
事務所で仕事をしていても10分に1回は、呼び戻されて全員出撃。

救いは、朝礼で「売上が絶好調です」という店長のお言葉があるぐらいでしょうか。

どれほど混んでいても、こちらの不手際にも笑顔をくださるお客様に感謝!

そんなときに、笑顔できてくれるお客様には救われるものです。
「いつもこんなに混んでいるんですか?」
と笑顔で気遣ってくださるお客様がいらっしゃると、頭が下がります。

今日はバーコードを読む操作上ありえない、レジのトラブルがあって。
お客様の会計がまちがっていた、ということがおきました。
500円ぐらい多くお会計をもらってしまっていて、並んで待っていた挙げ句の会計ミスだったので、平身低頭でした。
でもお客様は
「こちらこそ、気づかなくて。そんなに気になさらないでください。」
といってくださって、めっちゃ救われました。

本の価格は全国一律、Amazonでだってお得に買える時代だからこそ。

本を1冊買うのに、5分以上並ぶって通常考えられないですよね。
本の価格は全国一律。
今日混んでるから、仕事の帰りにあそこの本屋で買おう、っていう選択肢もあります。
なんなら「Amazonで買えばよろし!」ってなる期間でもあります。

※この記事を書いた2018年12月9日はサイバーマンデー期間中▼
本もポイントバンバンつく。

そういう状況でも、5分以上並んで本屋で本を買ってくれる。
お子さんがはじめてのおつかいみたいに、お金を握りしめてきてくれたり。
お年を召した方が並んでも買ってくださったり。

それでも「ふざけんなよ、こんなに待たせてんじゃねぇよ!」と怒る方はいませんでした。
(稀にいらっしゃるそうなのですが、ありがたいことに出会ったことがありません)

だからこそ、めっちゃ丁寧に接客したいと思うし。
笑顔で迎えなくては、って思わせてくれたのが、今日のレジでした。

そして、自分がお客さんになったときに笑顔でいたいと思う。

私もお客さんになったときは、レジに来たときは笑顔でいなくてはなぁ、と思うのです。

今日もらった笑顔は、自分がお客さんになったときに渡したい。
ペイ・フォワードってやつ。

ピーク時間のスーパーのレジ。
イベントの入場待ちの列。

そういうときに、笑顔で気持ちよく接することのできる自分でいます!

今日、これが売れててびっくりした!

そんなレジの中でも、これ売れるんだ!と思ってびっくりしたのをご紹介

スクラッチアートでも、すみっコぐらしが人気▼

小学生向けのドリルもあるよね、すみっコぐらし。人気なんだなぁ。

インスタントジョンソン、ジャイさんの競馬本▼

競馬よくわからないけど、インスタントジョンソンさんは昔大好きで。
うちの店では競馬の本の中ではよく売れるので、棚では目立たせております。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告