何者かになるために、ブログ使うのは道が違った。

広告

ツレヅリストの蒼です。
深夜にこんばんは。

今年は肩で風切って生きてました。
「今までの私を全否定」して生きるのだ、思っていました。

これまでの人生、仕事は心身ともにきついものばかりだし、上司はパワハラ、セクハラしてくるような人が多かったり。

罵倒されたり、「殺すぞ」と言われるような環境でも誰も守ってくれない。

親は世間体と錆び付いた常識に縛られて生きてる。家族とは檻だと私に叩き込んだ。

そんなことを全部やめて、自由に生きるんだーー!。
私はこれから生き直すんだーと。
全部捨ててしまおうと、思ってました。

でも最近そうでもなくて。
ぼんやり「もう一度書店で働きたいなー」と思っていたのを、ある意味かなえ。
収入は減ったけれど、職場の環境がよくて、誰も暴言吐いたり、セクハラ発言をして当たり前みたいな人はいない。
時間は規則的になって、自分で自炊をする気力や体力が生まれた。
深夜に働いて昼前に寝るような生活を辞めるだけで幸福度が上がる気がした。

なんかそれでいい気がしてきた。
そのことを、敗北宣言と捉えることもあったけど、わたしはある意味やりたいことを叶えたんだと思う。

ブログで食べていきたいという夢は、ほんとに夢だった。
10年書き続けて人生変わる、というけれど、別にそんなことは無い。
戦略的に考えて、情報、メッセージ、を織り込め、時に広告寄りの記事をかける人が変えていくものだ。
検索性とか考えて、キーワード織り込んで、とか。
そういうことに意識を向けられる人が、変わるのだ。

もし10年ブログ書いて変わるなら、私は12年目だから、人生変わりまくってるだろう。

人生を変えるためにブログ書いてんじゃない。
自分を書き残しておきたいだけ。

私のブログは誰も救わないし、誰も読まなくてもいい。
灯台にならなくていい。
私がまだ灯台を探してるから。

まだ暗中模索。
霧の海をさまよう船のまま、私は今日も生きる。

何者かになるために、ブログ使うのは道が違った。

今、そう思っている。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告