広告

おはこんばんにちは!蒼です!(敬愛する2BRO.の皆さんのあいさつを一回やってみたかった・・)

フェイスブックにちらっと、私のブログを書くときどうしているか、ということを書きました。
せっかくなのでブログ記事にしてみようと思います。

蒼的ブログの書き方、徒然流(と今名付けた)は、「イマココ」を重要視しています。

事前にネタだしはしません。
構成も決めません。
その場で書きたいことを書いて、アップするだけ。

書き始めて違和感を感じたり、書き終わらず数日たった記事は全部捨てます。
再利用したりはしません。

ブログは構成が命?情報を正確に伝えないとだめ、は本当ですか?

文章を下書きしたことが、人生でほとんどありません。
起承転結を意識して文章書くとか、何言ってんの?と国語の授業を鼻で笑ったことがあります。
そんなことして書いていたら、文章読むのつまんないじゃん、っていうか、そういう文章だからつまんねぇんだよ。
と思っていました。(←不遜)

でも実は、多くのブログの文章はそういう書き方を求められると思います。
アウトラインに見出しを作って、そこに当てはめて書いていき、結論をぶらさない。
という手法がブログには好まれる気がしますし、そういう教えをする方も多いです。

それは「ブログを情報メディア」として使う方が多いからです。

例えば、「アフィリエイトで物を売っていくんだ!」という人や「食べログより俺の記事を読め!」という人には向いていると思います。

全員を「納得」させないといけないから。

価格や性能が誤って伝わってもいけないですし、全員にイメージを想起させないといけないです。
あと、アフィリエイトって戦略的にいれこんでいかないといけないですよね。
売り込むときに、説得力いりますからね、性能とか、便利さとか。

方向性が定まっている方が文章を書きやすい、という人もいるはずです・
だから、別に私はこれを否定するつもりはありません。

でも、「そういうブログじゃないといけない」というのは本当ですか?と問いたい。

徒然流は「思考」の流れを重視

私のブログの書き方は、誰の参考にもならないかもしれません。
ゴリゴリお金を稼ぎたいとか、PVを上げたいと思う人は、絶対に参考にしないほうがいいです。

 

私は「思考の流れ」を最重要視しています。

 

書きたいことがあるから、PCの前に座ったり、スマホのアプリを立ち上げます。
たまには「ブログを書こうと思ったが、はて、何を書こうか」という場合もあります。

言葉に出来ないんであれですが、「もやっとした何か書きたいことの核」みたいなものがある。
それを書きながら自分で解明していく感じ。

書くことで自分の中に答えを見つけていく作業なので、納得したらそこで終了。
文字数を自分に課していることはありません。

ゴールを決めていないので、終わった時点で、タイトルや冒頭の部分との整合性が取れていないことが多いので、直します。
タイトルと冒頭の結論部分から、外れるというのは本来あってはならないことなんですよね、ブログ術的には。
いや、人に伝わる文章術的にはかな。

なので、反面教師として参考にしていただければ幸いです(笑)

徒然流は「イマココ」が重要

私はネタ出しはしません。
以前ネタ出しをしてみたことがあるのですが、ネタ出しした時点で、自分にとっての鮮度がなくなる。
なので、ネタ出しの時間とったにもかかわらず1記事もかけなかったので、やめました。

もう一つ言うと、下書きにストックもしません。
厳密には何個か下書きに残してはあるのですが、それに追記してアップするということはしたことがありません。
大体そのままぽちっとゴミ箱行き。

変な言い方かもしれませんが
「下書きにいれた記事を書いた自分」と「今日記事を書こうとしている自分」は別人
そう認識しています。

別人なので、当然書きたいことも、思ったことも今日とは違うわけで。
そうなると、意味がないので捨てます。

ブログはアクセスが多い記事を「リライト」してPVを上げていく、というのが大事なんだそうです。
情報記事は、メンテナンスが命。
自分がさらに関連記事を書いたりしていればリンクを貼り付けたり、
情報がアップデートしたら追記したり。
手を入れて育てていくイメージですね。

なんだろう・・鉢植えに種をまいたら、お水を上げたり、枝葉を切ってあげたり。
みたいな感じかな。

対して徒然流は「去年庭に投げ捨てた種が、雑草と一緒に生えてたわ」ぐらいのイメージかな。
草取りしないし、肥料もあげない

蒼は「イマココ」がいちばん大事なので、その肝心なリライトが超苦手。
良くないんだろうなぁ~と思いつつ・・・ほとんどしたことがありません。

リライト、イコール、別人に手を入れられるイメージなんですよね。
先程も書いたように、過去の自分と今の自分は別人なので。
リライトすることで、あのときの「思考」や「感情」がなくなるのは不本意なのです。

・・・あとどれほどPVがのびてても、いま興味ながければ、私にとっては価値がない記事なのです。

徒然流は読まれるブログにしたいなら、真似しちゃだめなやつ

はっきりいうと、徒然流は「読まれるブログにしたいなら、真似しちゃだめなやつ」です。
人に読まれたいとか、理解されたいとか、全く意識してないから。

人に読まれたいなら、読者を設定したほうがいいに決まってます。
徒然流は、蒼が思考と感情を思いつきで、脳みそからそのまま書いているので、「PREP意識して書くといいよ!」と、アドバイスを受けるぐらい、理論派の人には読みづらいです。

簡潔で説得力のある文章、全然目指してません。

商品紹介もたまにしてますが、感想書きたいとか、思ったことを書きたいだけなんで。
特に、「この商品を売って、稼ぐぜ、うしし。」とか思ってません。
まぁ、そう思ってるなら徒然流はいますぐやめるべきです。
広告はってありますけど、PVと連動するんで、PV低いんだったら、お金になんてなりません。

なので、ブログを読まれたい人は、ぜーーーーーーったいに真似しちゃだめ!!

です。

それでも蒼は徒然流でブログを書く

読まれるブログを書きたいとか、
PVアップしたいとか、
思っていたこともあるんです。

むしろ、この半年はそう思っていて結構意識したりしていたんですよ。
なんかどんどん暗くなって、もがいて、泥沼でした。

でも、「読まれるブログ」になろうとしたから、見えたんですよね~。

今まで参考にしようと必死で見てきた「アフィリエイト推しのブログ」とか「論理構成のブログ」とか、
自分にとっては楽しくないものなんだ、とわかったからです。

商品の紹介が出た瞬間、今までの記事が嘘くさく見えるとか・・。
PVあげるために、煽るような記事タイトルや内容を書くとか。
論理構成が硬すぎて、窮屈とか。

もっと好みに素直でいいわ~と思った次第。
思い切ってそういう記事は全部目に入らないようにして、好きな人の記事だけ読んでいます。

日常を繊細に切り取る記事が好き。
その人の人間性が透けて見える記事が好き。

感情のない記事や、煽りのある記事、絶対に商品紹介する記事、そういうのは私の価値観とはあわない。

価値観合わないものを書けるような器用さがあったら、私はきっと今ここでブログを書いていなくて。
別の人生を歩んでいたと思う。

だから、「イマココ」を大切にして、一発書きして、あとは過去は振り返らない。
そんな徒然流で私はいいのだと思います。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告