広告

どうも!蒼の徒然、ツレヅリストの蒼です。
・・・・無理やり「どうも、ゲームセンターCX、課長の有野です!」に寄せてみたんですが、言いづらいだけだった。

はい、というわけで、毎年恒例の秋葉原スタンプラリーに行ってまいりました!!
このイベントは、ゲームセンターCX(以下GCCXと記載)という番組を作っているスタッフさんと触れ合えるイベントです。

え、出演者の有野課長はって?
来るわけないじゃないですが、師走でクリスマス前の秋葉原ですよ!!
パニックになるわ!

っていうか、いいの!!
GCCXは、課長とスタッフさんで作り上げている番組です。
というか、課長以外は芸能人はだれも出ないのがGCCX。
課長のピンチを支えるのは、スタッフさんたちです。
もうひとりの、いや、もう何十人の主役のスタッフさんたちです。
そのスタッフさんたちと交流できるのが、秋葉原のこのイベントなのです。

ファンにとっては天国、スタッフさんたちにとっては苦労の連続(?!)の1日。

街の中に、スタッフさんたちがちらばって、1日ファンたちのために立ち続けてくれるイベント。
スタッフさんたちにとっては、1年でももっともしんどい1日かもしれません。
北風がふきすさぶ、街の陰に1日立ち続けて、サインをしてくれ、写真を撮ってくれ、握手をしてくれる。
その時間・・休憩時間をふくめて、7時間。
ファンにとっては「あの人はいるかな?」「あの人に会えたね!」「スペシャルで出会ったね!」みたいなワクワクのイベントなのであります。

メインのイベントはスタンプラリー。
先程書いたように、街にちらばるスタッフさんたちにスタンプをもらって歩くのがメインのイベントです。
秋葉原の街を6エリアにわけて、そこにスタッフさんたちが散らばります。
スタンプをくれるのみならず、ファンサービスも断らずにしてくださいます。

しかもスタンプラリーは1周目、2周目と回れてそれぞれにゴールに特典があります。
テーマは今年流行した映画ネタをいれてくれて、こちらはくすっと笑ってしまいます。

イベントは規模の限界を迎えている。

参加するのは今年で3回目。
ファンとしては遅い参加かもしれませんが、参加者が年々増えているのを肌で感じています。
運営には苦慮されているようで、もしかすると・・・秋葉原で、この形態のイベントは最後かもしれません。

プロデューサーの菅さんのtwitter▼

今年はスタートとゴールを変えて、であったり、2周目の遊び方を変えたりして運営してくれていました。
毎年17時に、指定の公園で「解散式」をするのですが、公園を埋め尽くすほどのファンが集まります。
そのため、今年は菅さんの締めの言葉を配信するという形になり、解散式は行われなくなりました。

それでも街中に突然あらわれる、長蛇の列。
整列して、静かに待っているとはいえ多少のざわつきはあるでしょう。
ここは声を大にしていいたいのですが、GCCXのファンの方でマナーを守らない方とかほとんどいないと思います。
私個人としては、見かけたりして嫌な思いをしたり、同じファンとして恥ずかしいわ!みたいな思いをしたことがないです。
菅さんも「GCCXのファンはすばらしい!」とおっしゃってくださっていますが、規模の限界が来たのかもしれません。

あと、待ちゆく人、住人の方からしたら、なにが起きているのかわからないでしょうねぇ。
突然現れる列、サインに写真に何が起きてるんだろう?って感じ。
運営をされる上で、私達には伝えることのない、ご苦労が裏でたくさんあるのだろう、と。
今回のtwitterでのお言葉で痛感しました。

それはそれで寂しいけれど、どんな形になるにせよ、私は、いや、私と相方は応援を続けます!

本当にこういう負担の大きいにもかかわらず、ファンのためにイベントを開催してくださるガスコイン・カンパニーとゲームセンターCXに関わるスタッフの皆様には、本当に感謝です。

さて、続いては今回のイベントの話をしていきましょう。

12/22当日の流れを時系列にこれでもか!と紹介する

相方が起きずスタート出遅れる

スタンプラリーのスタートは10時から。
我々は10時前にはスタート場所の秋葉原にある通運会館に付く予定でした。
えぇ、予定でございました。

しかし、相方が起きねぇ・・。
普段深夜に帰ってきて、明け方近くに寝る生活の相方は、朝全く目が覚めず。
私が支度を万全にして、相方をなんとか起こした。
それゆえに・・・完全に出遅れる(笑)

ついたときには、10時半を回っていました。
スタート待ちの列はとうになかった。

通運会館外観▼

毎年この看板をみると始まった気がする▼

菅さんのありがたお言葉を胸にスタート▼

毎年送ってくださる課長のお花
(1周目のゴールが今年は違うのですが、通運会館に飾られていました)▼

あわてて相方と地図を見て歩き出す。

A地区でディレクターに昇格した松井さんと出会う

まずはA地区に向かうが、すでに長蛇の列。
しまった、みんなAから順番に回るんだから、反対から回るべきだった!!と反省する。
元12代目サポートADの松井さんは、21日の最新エピソードでディレクターデビュー。
多くの方がお祝いに並んでいました。

我々も、相方は毎年恒例「いけそう缶」というグッズにサインを、私は写真を撮るためにスマホを準備して列に。
列が長いため、補佐についている他のスタッフさんがスタンプを先に押してくれる。

松井さんとお写真▼

優しいお人柄の松井さんに、がんばってください!と伝えて、次を目指す。

D地区で加賀さんと涙の別れをする、前に、菅さんに高速で捌かれる

Aからみんな順番に並ぶのなら、飛ばしでDに行こう!という相方と私の思惑は軽やかに外れた。
D地区は、Aを遥かに超える列ができている。
先日サポートAD卒業が発表された放送があったばかりで、別れを惜しむファンの長蛇の列。
そして我らも例外ではない。
加賀ちゃんロスに私は苦しんでいる(涙)

思い返せば、1年前・・・スタンプラリーが終わったあと。
通運会館の写真を撮っていなかったことに気付いて、写真を取りに行ったときにばったりとであった。
あ!と思って、軽く会釈をする我々に
1日イベントがあって疲れているにもかかわらず、「おつかれさまでしたっ!」と大きな声で挨拶をしてくれただけでなく、ペコリっとお辞儀をして去っていったのだ。
好青年ぶりに心わしづかみである。

そんな加賀ちゃんは別番組に異動していって卒業。
あったら泣いちゃうかもしれない・・・・と思いつつ並ぶ。

いざ順番がきて、まず思ったのは「加賀ちゃん、やせてる!」ということ。
番組では学ランを制服として着用していた、加賀ちゃんは一時期、学ランがしまらなくなるぐらいぽっちゃりさんになっていた。
が、目の前にいるのはスリムな加賀ちゃん。
「やせました?」
相方にサインを書いている加賀ちゃんに思わず、かけた言葉はこれ。
「そうですか?実は食生活を見直しました。」
「・・・異動されて忙しいでしょうに・・・」
「いやいや、同じですよ。」
うぅ、加賀ちゃん疲れてないか、大丈夫か、やせたんじゃなくて、やつれてるんじゃないか。
と親戚のおばちゃん心が爆発してしまったよ、私は。

みんなが謝謝ポーズで写真取るから、私はCXポーズをお願い▼

加賀ちゃん、テレビ朝日でのお仕事とか。兄貴と、渡辺さんと一緒のチームなのかな。
お体に気をつけてがんばってください。(大事なところなので色を変えてアピール)

ちなみに加賀ちゃんの列に並んだら、がつがつスタンプを押しに来た人が菅さんだった。
列が長い情報と察知すると、菅さんが現れる。(リスク管理なのかもしれない。)
「加賀しかいないから、とっとと回ってください!」
と私達をせかしながらも、お写真をとってくださった。

菅さんは写真もスピーディーに捌く▼

ちなみに菅さんもサプライズにtwitterに出没場所をつぶやいて、サインなどを対応してくださった。

新アイドルみかんちゃんのかわいさにイチコロ

続いて回ったのがE地区。
ここも行列ができていましたが、こちらにいるのはADみかんちゃん。
サポートADではないものの、収録中にうっかり寝たところをカメラに抜かれてからは出演枠に。
ガチャおしで課長に圧勝したりするあたりが、超好感持てる。(ガチャオシ仲間になりたい)

若くてかわいい女の子の前では、相方のテンションも高め(笑)
私の母心も高め。
「寒いですよね、よかったら貼ってください。」
となぜか貼るカイロを渡してしまった。

笑顔がイベント最後までまぶしかったみかんちゃん▼

阿部様を詣でを敢行

続いてF地区に降臨しているカメラの阿部さんの元へ。
阿部様詣。
かっこいいのと、迫力を感じて私も相方も若干緊張気味(笑)
さっと背中に手をそえてとっていただけるという恐れ多い出来事に、頭真っ白ですよ。

雨脚がこの頃から強まってきているので、階段の下で対応してくださいました。
ちなみに、サポートでいたスタッフさんが3人で写真を撮ってくださったので、このときだけ相方がいる。

阿部様に緊張気味の我々(顔隠してるから伝わらない)▼

片山ポリスの笑顔に癒やされに行く

続いてはB地区の片山ポリスのもとへ。
元9代目サポートAD片山さんは、現在もディレクターでバリバリと番組にかかわっています。
警察官コスプレを一度してから、警察がでてくるようなゲームには、必ずコスプレして番組出演してます。
ゆえに、写真取るときも必然的に敬礼してしまう(笑)

片山さんと「お勤めご苦労さまです!」▼

笑顔がステキなんですよね~、片山ポリス。
去年や一昨年はスペシャルゲストとして、仕事の合間に顔を出してくださっていたのですが、今回はフル参戦。

番外編:路地でボンボンお兄さんを呼び止める

C地区に向かう途中、念願の「ボンボンお兄さん」とたまたますれ違う。
「あ、ボンボンお兄さんっっっ!!!」
ボンボンお兄さんがびっくりするほどのテンションで呼び止める。
詳細はいえないが、先日いった幕張メッセでのMVPであるボンボンお兄さん。
公式twitterにも来場をアナウンスされており、お会いできたらと密かに楽しみにしていたのだ。
それがなんと、偶然ばったり。
twitterをフォローしたところ、フォロバしてくださったお礼などを伝えお写真とサインをいただく。
このとき雨が強めだったのに、傘をわざわざ閉じて写真を撮ってくださるお兄さん。

ボンボンお兄さん、いつもtwitterでお世話になってます!▼

ちなみにアイコンが違うのは、その日嬉しくて速攻でtwitterにアップしたからです(笑)

ボンボンお兄さんは役者さんで、保土田充さんというお名前。
先日舞台が終わったばかり。予定がつけられずいけなかったので、来年はリベンジ予定です!

ちなみに相方には「今日あった誰よりもテンション高かった」と爆笑されました。
しかし、そんな相方もいそいそとサインを頼んでいたことをここに記しておきます。

ボンボンお兄さんは「次は阿部さんのところにいってきます!」と去っていき、我々は顔を上げたら、数m先にタニーがまっていて、あせりました。

タニーと新ADたすくくんに出会う

C地区はイベントに必ず参加してくださるタニーさん。
本当は整音さん。
花やしきのイベントに参加したときは、物販の列の整理を1日にやってくれていてびっくり。
雨が降ってきたので、列がちょっと短め。
その分、ちょっとのんびりとお写真をとらせていただきました。

「あ、僕入っちゃう」ってじわじわ後ずさるたすくくんに
「入っちゃうの?」とつっこむタニー。
いや、入ってくれていいんですよ~と内心思うもいえない我々。

ちなみにタニーとたすくくんは、お昼食べて出てきたら外に並んでいて、ニアミス。
我々がいたテーブルに通されていたので、なんかちょっとうれしかった(え、変態っぽい?)

距離近くタニーと2ショットの幸せ▼

2周目の途中、混んでいない時を見計らってたすくくんとも写真を撮ってもらった▼

たすくくんは、いい意味で若者!って感じで微笑ましかったなぁ。
年がどんどん離れていくので、目線がますますお母さんになっている気がするよ。
これからの活躍に超期待です。

コラボ店でお食事もまた楽しみ

このスタンプラリーは、応援店があってコラボをしてくれるお店があります。
DVDーBOX(新作でなくても可)をもっていくと、少しサービスしてくれたり、コラボのメニューがあったり。

MAPには応援店の紹介と場所が▼

我々は「カレー専門店 ベンガルさん」を訪問。
2年前にもいったので、2回目の訪問ですが、リニューアルされていて雰囲気がぜんぜん違いました。

カレーはお肉がごろっとはいっているものをチョイス▼

店内のお客さん全員、GCCXのファンの皆さん(だったと思う)。
みんなささっと食べて次のお客様に席を譲る、回転率を意識した行動していてステキでした。
(元飲食業として感動した)

イベントで貰ったグッズを紹介

ささっとイベントのグッズを紹介します。
スタンプラリーのパンフ スタンプ全部集め終わった図▼

2周目企画、菅Pの挑戦(キーワードは相方のところに書き込んでいたのではんこだけいただきました)▼

ゴールしたときにいただけるもの▼

左の名刺が、2周目ゴールの阿部さん名刺。
右のポストカードが、毎年恒例の1周目の賞品。
有野課長がイラストとメッセージをかいてくれて、そこにスタッフさんたちが総出で手書きしてくれる。
なので一人ずつ違ったりします。

私のメッセージは、推しメン加賀ちゃんと、カメラアシスタントの坂田さん。
坂田さん?誰?と思ったら、「オリビアのミステリー」で一度アドバイスに現れた人だ!!
もしかして、とてつもなくレアなものもを頂いたんじゃないか。

贅沢にもちょっと寂しくなったりする、あの人に会えなかった

こんなにいろいろ会えたりしているのに、ちょっとだけ寂しかったよ、ということも。

イノコMAX、いえ、井上班長。

GCCXを率いる班のリーダーに任命されて、画面に出てくることがどんと減りました。
(よゐこの〇〇で⭕⭕生活も担当していると思う)
イベントでも表に出てくることが減った。
秋葉原にはいらっしゃるのかな~と思っていたけれど、いなかった。
(去年は寝坊して現れるという、あるいみお約束のアクシデントをやってくれた)

たぶんいろいろ考えた上で、オモテにでてこないのだろうなぁ・・と思っているのです。
思っているのですが、なんだかとっても寂しいわけで。
ほぼタメ年の班長にお会いできるのは、なんか元気になるのですよ。
秋葉原にはいらっしゃるんじゃないかな~と思っていただけに、ちょっと寂しかったです。

ぜひ、たまには画面に、いや機会があればイベントにもまた・・でてきてほしい。
と常々twitterでも書いているのですが、ブログにも書いておく・・・。
会いたいです、班長。

今年はお忙しいのか、運営上考慮されたのか、飛び入り参加されるスタッフさんがいなかった。
卒業しているにもかかわらず、必ずファンイベントにきてくれる中山さんもいなかった。
渡辺優子さんもいなかったし。
と、ついついいなかった人を数えてしまうぐらい、これまで豪華だったのだな、と痛感する。

最後に菅さんの映像でブログをしめよう。

解散式の映像、これ一見するとやった感じになっていて、最初「うそやん、いつとったの!」って思ってました。
編集マジックでだまされ・・・たのかな。

ちなみに我々は菅さんの「とっとと帰ってください」のメッセージを守って、16時半には帰路につきましたよ。
今年もおせわになりました、GCCX大好き、心より応援してます!!

過去に参加したイベントの記事はこちら▼

先日行われた幕張メッセでの15周年イベント参加記事▼

岐部先生の本の感想▼

浅草の花やしきでのイベント参加記事▼

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告