広告

※こちらは「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」のネタバレが入る記事です。
 まだ見ていない人は、見てから読んでください。

映画のあるシーンをみて、私は考え込んだ

ある日、突然イマジンが現れた。
と、劇中にでてくる高校生のアタルは言う。
仮面ライダーは虚構の世界なんだ、と語る彼のエピソードの中に唯一でてくる虚構。
それが「ある日、突然イマジンが現れた。」である。

ある日、イマジンが現れる世界にいるとかお前が虚構だわ!
と心中、激しいツッコミをいれたことをここに書いておきたい。

うわ~~イマジンだ!!っていって、イマジンに願い事をするリスクも知っていて彼が願うこと、それは
「仮面ライダーに会いたい!」
である。

お前はどれほどのヲタなんだよぉ・・・・と苦笑いである。
(もちろん彼には悲しいし重い過去を背負っているわけなんだが。)

で、だ。
なんだかんだ3歳ぐらいから特撮の世界を好きだと思っている(途中憎しみと無関心の10年間あるけど)私にも
ある日突然イマジンがやってきたら。

「仮面ライダーに会いたい!」って即答するかしら?

となんとなく考えている。

「とりあえず、会えるだけ会わせてくれ!」っていうかなぁ。
これって結構リスキーな話じゃないですか。

例えば私の場合。

急に今の仮面ライダーに出会っても、「・・・う~んあんまり見てないから感動イマイチだなぁ」とかいうよね。
ディケイド以降は誰にあってもピンとこない自信がある、全然見てないから。
特に2人目以降のライダーなんて、主人公すらわかってないから・・・。
「誰?」ってなりそう。

いや、今回のフータロスはかなり親切で本物に会わせてくれているけれど。
イマジンってそもそも勝手に都合よく解釈しちゃう存在だから。
ソフビをバラバラバラって提供してくれたりとか、ショーにでている本物じゃないガワにあわせてくれたりとか。
そんなことになるんじゃないか。

ある日、イマジンが現れたら。
その時のために、今から細かく条件を考えておかねばなるまい。

「仮面ライダーに会いたい!私が知っている仮面ライダーで、彼らがいる世界で、本物の彼らに会いたい!」と。

・・伝わるだろうか。

伝わらない気がする。

平成ジェネレーションズFOREVERの記事の紹介はこちら▼

初回に見た感想はこちら▼

2回目に見た感想がこちら▼

久しぶりにイケメンヒーローにときめいている記事はこちら▼

サントラを聞きまくって幸せ!の記事はこちら▼

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告