広告

ツレヅリストの蒼です。
今日は、神社に「朔日参り」に行ってきました~。
ついたちまいり、とよみます。
ごめん、漢字がかっこよすぎる。

私、人生で初詣もそれほどしたことがない。
母方カトリックだし。クリスマスに教会はいくけど、初詣に神社はほとんど経験がない。

しかし、ここ数年、初詣するようになりました。
で、今回はじめて「朔日参り」ということで、近所の神社にお参りしてみました。

なんでやってみたかって?

やりたかったからだよ!!

やってみたら、思った以上に清々しい気持ちになってびっくりしました。

私の周りは三十日詣でに行く人が多い

毎月月末になると、だ~~って「神社」が私のFacebookのタイムラインに流れてきます。
三十日詣でに、行く人が本当に多いんです。

たぶん、心屋さんや、さとうみつろうさんの本を読んでいる方が多いんじゃないか、ということと、
成功している方たちは本当にきちんと神社にお参りされているんだろうなぁ、と感じていました。

これとか▼

これとか▼

でも、1/31は仕事だったし、めちゃくちゃ雨だったんで。
「なんか今回も行けなかったわ~」って。
そう思って寝たんです。

今日神社にお参りしているお友達を発見!

置きてふとタイムラインをみたら、発見したんです。
「あれ、今日神社?」って。
お友達が身も心も洗われそうなステキな神社に参拝している。

お友達のあやみさんの家の近くの神社▼

そしたら、「朔日参り(ついたちまいり)」という言葉に出会ったのです。
今日でもいいのね、じゃあいくわ!と近くの神社をググって、お参りにいったのです。

家の近くの神社に、初めてお参り

実は神社がこんな近くにあることを知りませんでした。
普段行かない方角にあったので、ここか~ってびっくり。

家の間に急に鳥居があって、神社の後ろはきりたった崖なんですが?!

杉山神社というところでした。

鳥居▼

神様はこのような方々が祀られている▼

鳥居をくぐったら、参道の8割が階段なんだが、急斜面に馬がいた▼

本堂▼

名前と住所をいって、初めてお参りすることへのご挨拶と「がんばります!」みたいな宣言。
そんなふうにして、簡単ではありますが、お参りしてきました。

気持ちが切り替わるのを感じた

お友達の神社のように、美しい景色の神社ではないのですが、お参りしたら気持ちが切り替わった感じでした。
清々しい気持ちで、その後喫茶店で1ヶ月の振り返りと、目標なんかを立てましたよ。

来月もぜひに続けたいと思います。

関連記事

明治神宮に初詣。清正の井にも行って魂の旅行をした気分

今日紹介した書籍

心屋仁之助さんの本▼


オススメされて読んでいるのですが、「存在給」というのが難しいよね。
あと、心屋さんはこの本では「三十日詣で」や「朔日参り」には触れてなくて「神社ミッション」というのを勧めています。
お賽銭に1万円いれてみ!っていうやつですね。

さとうみつろうさんの本▼

会話でテンポが良くて、とってもおもしろいのですが、後半の脚本と自分の視点のあたりで混乱して、未だにわかっていません。
読み直そうと思って、本棚に並べてあります。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告