応援は誰もができることだけれど、だからこそ「無責任」であると胸に刻みたい

広告

ツレヅリストの蒼です。

SNSが身近になって、応援することが簡単になりました。

「頑張って!」
「応援してます!」

と届けやすくなった。

でもそれはいいことだけじゃない。

応援って「無責任」の側面がある。

そこを忘れてはいけない。
無責任故に、ただの煽りになっていることがある。

あなたのしている「応援」は、

「相手に手を差し伸べて力を貸す」ものですか?
それとも
「声をかけて励ます」だけですか?

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告