広告

どうも、最近我が家にPS4がきたことにより、FPS特訓中の蒼です。

「本読まないゲーマー書店員」だと職場の人に思われてる気がしなくもないですが、、(←たぶん真実)

さて、現在私は「タイタンフォール2」というゲームのキャンペーンモードをプレイしています。

「タイタンフォール2」というゲーム自体は2016年のゲーム。
そんな昔のゲームをなぜ今?と思われるかもしれません。

それは、私がやってみたいゲームをプレイできるための特訓に必要なのです。

基本プレイ無料の「Apex legends」というゲームがありまして、私の大好きなゲーム実況の2BRO.の弟者さんがずーっとプレイしているもの。

やってはみたいものの、PS4初心者、FPS(1人称視点のシューティングゲーム)初心者で、いきなりのチーム戦はハードル高かろうということで、相方が購入してくれたのです。

「タイタンフォール2」と「Apex legends」は世界観が同じなので、武器の種類が共通だったりするんですよね。
相手に照準あわせる練習に最適。

ということで、日々ちょこちょことストーリーモードである、キャンペーンモードをプレイしてます。

それにしても、声を大にしていいたいのは
「ゲームは努力を裏切らない」
ということ。

私はゲーム中のウォールランという、壁を走るプレイが非常に苦手でして。
さらには二段ジャンプも苦手。

ついボタンを連打してしまうのです。
最高地点で押さないと高く飛べない、遠くに飛べない。

相手にうたれて死ぬより、主人公を奈落に突き落とした回数が多い。

でも、最後にはちゃんと渡れるわけです。
謎のかけ声「トーントーン」とか口にしたり、
無駄だとわかりつつ、コントローラーと体を思いっきり、左右に動かしちゃったりしてはいますし、たまになんかラッキーってこともありますが。

でもちゃんと、渡れるのです。

何十回の失敗がちゃんと生きます。

進歩を感じるわけです。

傍からみたら、私は肉体的に進歩してないし、たぶん現実に役立つようなスキルも手に入れてないので、「無駄な時間すごしてんな」と思われるかもしれませんが。

でも、さっきできなかったことが今日できる。
昨日倒せなかった敵を、今日は倒せる。

この達成感は、言葉に出来ないっす。
日常のルーティンの中の小さな喜びも嬉しいけど、まるっきりやったことのないものの上達の喜びは、34の私には非常にありがたい経験です。

次なる目的は、FPSやってるはずなのに、シールド張ってるやつに突っ込んで、ぼこーんって殴って倒すレベルから、銃で倒せるようになりたいですね。

Apexやりたいなら、殴ってる場合じゃありませんから(笑)

「ゲームは努力を裏切らない」

みなさんも「これは努力を裏切らない」ってものありますか?

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告