Grisー少女の内面を旅するゲームは、見ているだけで美しい

広告

こんにちは。
ゲームはプレイも鑑賞も好きな蒼です。

今回は、私がゲーム実況を見て、ものすごく引き込まれたゲームを紹介したいと思います。

タイトルは「Gris」
スペインのインディーゲームスタジオが開発した、アクションパズルゲームです。
PCとNintendo Switchでプレイが可能です。

字幕もセリフも一切なく、色彩豊かな映像と、音楽が魅力です。
いや、もう音楽が好きすぎて、Amazon ミュージックで見つけたら、即ダウロードしました。

Nintendo Switchのダウンロードサイト▼

インフルエンザで高熱が出ていた日に出会った、運命のゲーム

このブログでも何回か書いていますが、私は2Bro.さんというゲーム実況グループが大好き。
その中の1人、おついちさんが実況されていました。

このゲームに初めて出会った日、私はインフルエンザにかかり寝込んでいました。
寝ているのもだるい、起きているのもつらい、寝付くこともできず横になっていました。
スマホで動画を検索して、なにか少しでも気が紛れるものをと。

そのときに出会ったのが、Grisでした。

Grisの魅力は「映像」と「音楽」

「映像」、それはとてつもなく美しい世界

Grisの世界は、色のない世界に女のことが落ちてくるところからはじまる。
そこからひとつ、ひとつ色が戻ってくるのだ。

声を失った少女が、自分の世界を旅するというゲームなのですが、オープニングから引き込まれます。
かなり長いオープニングムービーで、説明は一切ありません。

一人の少女が、灰色の世界に落ちていく。
真っ逆さまに落ちていく。

そこからゲームは始まります。
ひとつ、またひとつとステージをクリアしていくとそこに色が取り戻されていくのです。

まるで少女の心が癒やされていくように。

一度でも「あぁ、私はもう二度と飛ぶことができない、この底から動けない」と思ったことがある人には、
その彼女の世界が、ひとつ、また一つと色を取り戻していくのをみること、それは

大きな「希望」。

ゲームを見ていて、これほど「希望」を感じることはかつてありませんでした。

「音楽」それは言葉よりも、雄弁にGrisの世界を語る

このゲームには言葉も文字も一切ありません。

少女が何に絶望して声を失ってしまったのか、説明がでることがありません。
その心情を少女がモノローグのように語ることもありません。

そのかわりに、世界や、心情を音楽が表現します。

ピアノや弦楽器で奏でられる音楽は、とてつもなく繊細です。
かすかな音色に耳を澄ませることもあれば、激しくうねる曲に手に汗握ることもある。

私が好きなのは「Gris,Pt.1」と「Gris,Pt.2」。
ゲームタイトルが入っているGrisの曲は、心に刺さるものがあります。
私は、私はもう・・・なにもかもどうでもいい・・と悲しげな「~Pt.1」とゲームの後半で流れる「~Pt.2」の対比を聞くだけでも、ゲームの世界観の豊かさがわかると思います。

もう1曲、非常に荒れ狂う曲があるのですが、タイトルが少しネタバレになる気がするので、
今回は紹介しません。
ぜひ、聞いてみてください。

Amazon Music Unlimitedに加入しているので、私はそこからダウンロードしてヘビロテしています。
Appleミュージックでも聞けるようです。

まだ加入していないようでしたら、こちらで詳細をご確認ください。30日間お試しもできます▼

ゲームをプレイしなくてもいい、世界観を楽しんでほしい

自分の心に深く深くもぐる体験をしている人には、本当に刺さるゲームです。
PCやNintendo Switchで実際にプレイしてみるのもいいかもしれませんが、ゲーム実況を見てもらうのもおすすめ。

私は未だに繰り返してみます。

おついちさんが深夜に生配信されたものを、そのまま見ることが可能です。
言葉選びが、とても優しい。悪口に聞こえるような言い回しを、おついちさんが使うのってあんまり聞いたことがありません。

ゲームの世界も優しいし、語り口も優しい。
動画自体かなり長いので、時間があるときにまとめてみる、細切れでみる。
どのような見方でもいいのですが、おすすめです。

それではまた。

今日紹介したゲームはこちら▼

「Gris」のダウンロードページ。

※DL版のみで、ソフトの販売はありません。

音楽を楽しみたい方は、Amazon Music Unlimitedをお試しください▼

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告