書店員としてアフィリエイトをどう使うか。

広告

こんにちは。
ブロガー歴十数年(えぇ、大学時代からやってるんで、もう10年ぐらいか)、書店員歴半年の蒼です。

書店員をはじめてから、ずっと考えていることがあります。

それは、本の紹介などに使うアフィリエイトのこと。
一般的に、Amazon、楽天、Yahoo。
ネットでブログを読み、そこから購買するサイトとして、最も利用しやすいし、大手の安心感。

その一方で、現実の職場である、書店の首を自らしめてやしないか・・・という葛藤があります。

私は書店員。そしてブロガー。
アフィリエイトをするときに、どのような使い方をするか、ということを決めたいと思います。

書店が減っていく現状

書店は今、減る一方です。

理由はいろいろあって、出版不況、万引きの激増、電子書籍の流通、なんかいろいろありますよね。

私の働いている所属のチェーン店でも、今年に入ってもう数店舗閉店しています。
周りの人はさほど気にしていないようですが、私は戦々恐々としています。
だって、明日は我が身かもしれません。

でも書店の仕事は楽しいです。
新しい書籍にふれる、自分がオススメする本を売れる、誰かが嬉しそうに買っていく。
そういう仕事すべてが私は好きです。

その場が減っていることを、本当に悲しく思っています。

楽しい一方で、苦しい生活が続いている

正社員、それに準ずるクラスの雇用形態の社員さんなら、お店が閉まったら他店に異動するだけでしょうが。
私は1年契約の社員です。
他店舗に振り分けられるわけじゃありません。
瞬殺で、仕事を失います。

私と待遇のほとんどの人は、家族と同居であったり、メインの収入を旦那さんが持っているパート関係の人。
急にやめても困らないかもしれません。

しかし、私は違う。
一人暮らし、薄給の給料で真剣にダブルワークのバイトを検討している日々です。
今の給料では・・少しずつ貯金が減っている状況です。

たぶん、現在の書店員って、生活費を他の人が柱になってくれるとかじゃなきゃ、やっていけないんだと思います。
(正社員やそれに準ずる雇用体系の方は別でしょうが、多くの書店員は契約社員やパートさんで成り立っています)

だから、私はこのブログでわずかでもいい。
読んだ本を紹介する、などしたときに、少しでもいいからアフィリエイト収入がほしい。

先日はじめて1000円分の収入ができたのですが、それで本が買える、生活品が買える、涙がでるほどうれしかったです。

アフィリエイト先が、ネット書店でいいのかという葛藤

お金は稼ぎたい。
数十円でもいい、自分の記事からお金が発生したらうれしい。

しかし、そんな自分が、ブログで本を紹介するときのアフィリエイトのリンク先は。

Amazon、楽天、Yahoo。

・・・・現場に還元されることがなく、自分の本業の首をしめている。

じゃあ、現場に還元されるアフィリエイトはないのか?

もちろん、アフィリエイトのリンクでは、e-honとか、紀伊国屋書店のものとか、ネットで注文、書店受け取りのシステムも存在しています。
そっちをメインにすることも可能です。

しかしながら、ブログを読みに来た読者様目線で考えてみたらどうでしょう。

Amazon、楽天、Yahooで買うことのメリットはかなりあります。
例えば楽天ポイントって大きいですよね、T-POINTも昔ほどではないですが、まだメリットは有る。

なにより注文したら翌日手元に来たり、電子書籍なら秒で手元に届きます。
そういうのが、ネットの便利さですよね。

それが「ネットで購入ボタン押して、書店で受け取る」しかなかったら。
不便じゃないでしょうか。
家から数時間かけないと書店がない、という地方もあるでしょう。
そういう方がもしも、私の記事を読んで「あ、この本読みたい」と思ったときに、書店受け取りだけだったら。

・・・まず、アフィリエイトボタンおさないですよね。

私の理想的には「書店で買ってよ!」ですけど、現実は「ネット書店便利だよね」なんですよね。

アフィリエイトのリンク先は全部のせ、書店推奨を明記、という解決策

現在、Rinkerさんを使わせていただいて、コードも表示もシンプルで使いやすいです。
AmazonのAPIとかにも対応してくれています。

しかし、今一度ヨメレバさんに戻すことにしました。
(私のわずかな売上ですが、現状Amazonさんの要求を満たせてませんしね。公式プラグインのリンクは使い勝手がちょっと悪いのと、Amazonだけ単独でリンクを貼るのはめんどくさい。)

Amazon、楽天、Yahooと並列して、e-hon、honto、紀伊國屋を載せていこうと思います。
アフィリエイトリンク欄ににゴテゴテと、購入先が並ぶのは、かっこ悪いと思う。
ユーザー目線でいくと使い勝手も良くないと思う。

でも、私の苦肉の策です。

ネットも選べます、書店で購入もおすすめです。

両方を揃えた上で「書店員としては、ぜひ、書店での受け取りができるサービスをご利用ください!」と明記する。

それでやってみたいと思います。

これまでのリンクなどは、これから少しずつ貼り直していこうと思っています。

書店員の仕事を続けていくためにも、これからもアフィリエイトは続けていきます。
よろしくお願いいたします。

 

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告