広告

パソコンを使わなくなった。
先日確定申告を作る時に久しぶりにあけたが、あれ?いつぶり?半年使ってなくない?と自問自答した。

このブログを一旦終わらせようと決めた時に、パソコンも封印状態にした。
山とパソコンの上につまれた本がそれを物語っている。

ブログをやめてみて、思ったことは
私にとって語ることは大して重要ではなかったのだ、ということ。

今も大して高くないが、それよりももっと底辺だった自己肯定感を高めるためにやっていただけなのだ。

ブログは自己表現と思ってきたけれど、いつの間にか「誰かに評価されること」が大切になってきた。
そしてあわよくば、お金が欲しかった。

でもお金を稼ぐためには、ブルーオーシャンを根気よく泳ぎ回り、キーワードを散りばめ、Google先生に「私ここです」と、アピールするようでなければならない。
そしてGoogle先生は情報に重きを置く。

私は情報に重きを置かない。
少なくとも書くことに関しては。

情報には、私がいないから。
私のないものに価値を、私は見いだせない。

最近、本当に文章の面白い方に出会う。
きなこさん、だったり、岸田奈美さん、だったり。
これがもう、どんな地頭あったら、かけるんだろうって。
Twitterも面白いし、noteに書かれる長文も面白いし。
全てが素晴らしくて、大好きだ。

事象に対してのまなざし?
言葉の感覚はどこから?
本?ネット?テレビ?アニメ?
リズム感あるんですけど、どこら辺で会得を?
これ推敲してもリズム残るんですか?

出会ったらいろんな質問ぶつけたくなるぐらいは面白い。

文章の奥にその人が見えるような気さえしてしまう。
これが私が読みたかった文章なんかもしれん、と。

小島秀夫監督の文章もまた膨大な知識と経験が、言葉に熱を持って織り込まれている。

このブログを残そうと思ったきっかけは、監督の「僕が愛したMEMEたち」を読んで、感想がほとばしったからだ。

熱が伝染するような気持ち。
知らない世界を除きこんだ好奇心。
ワクワクともドキドキとも違う、ハッと息を飲んで息を飲んだことにも気づかずに読み進める、、みたいな。

それを書かずしてどうするのや、残しておかずにどうするんや、自分の中でため込めないならネットの海に溢れだせ!

情報には、私がいない。
だからもう書かない。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告