自分の精神状況は見ている作品でわかる

広告

洗濯物が洗い終わるのを待ちながら、簡単なものを。

最近「海賊戦隊ゴーカイジャー」をAmazonプライムでずっと見ている。
これは・・・昔ほんの10話ぐらいで挫折した戦隊なのだけれど今は見ていてとてもおもしろい。
過去の戦隊の方の顔出し出演も熱いけれど、ストーリーもちゃんとおもしろい。

でも、この面白いと思えるかどうかは、自分の精神状況次第だよな・・としみじみ。
なぜなら、この放映当時は・・心身ズタボロで、夏には入院するし、心療内科にも通うし・・。
というぐらい・・うちのめされてたんですよね。
そりゃ・・・まぶしくて見られないわ・・・。

そんな思い出がでてきたので、ちょっと精神状況を見ている作品で分析してみました。

超テンションイケイケ期

 

戦隊とか、ウルトラマンとか、見て希望に満ち溢れたものをみて、心から楽しめます。
「夢を・・・君があきらめたら手に入らない」とか
「人類はきっと変われるはずです!!」とか
「絶対にあきらめない!!!とか。

こういう前しか見ていない言葉をたくさん吸収して、胸が熱くなったり
そうだそうだ!!と言える時は、自分の心は超イケイケって思います。
ほんとに。

じゃないとまぶしすぎて、見られない時があるんですね。

テンションちょっと下がり気味期

仕事がちょっとつまらないとか、嫌なことが続いたなんて時は・・・
何個か候補が

グルメドラマ

孤独のグルメなんてもう何回見たことか!
ワカコ酒も心がほっこりするエピソードを何度も見ています。

美味しいものを食べてる人を見て、嫌な気持ちになることはないし、
あぁ・・おいしそうだなぁ・・・っておもうと、ちょっと心が癒される

こんな時にききたいセリフがある作品

「サマーウォーズ」のおばあちゃんとか、
「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」「天空の城ラピュタ」とかジブリ作品。
特に家族っていいな~とか思えるほっこりしたシーンが好きです。
「イン・ハー・シューズ」とか「ホリデイ」とかも好き。
時間がある時は「ルパン3世」を2ndシーズンを見続けちゃったり。

プロの仕事を見る

ちょっとピリッとしたいときは、「ファッションが教えてくれること」というドキュメンタリーをみます。
プロがプロとしてやっている姿が、本当に好きです。
信念と時代のはざまで、考えながらそれでもぴりっとしてるグレイスが好き。

超鬱な時。希望なんかなんも見えない時

「クリミナルマインド」
(好きな作品なので・・ワクワク見てる時ももちろんあります)

ひたすら・・・誰かが殺され、誰かが殺し、を延々と見ています。
そして「私とこの犯人に何の違いが。」とか思ってソファーで死んだ目で見てます。
快楽で人を殺す犯人も多いけど、何かのトラウマとかで「もう、殺すことでしか向き合えない」みたいな犯人見てると、
特に人って紙一重・・・って思います。

ただ・・・チームのメンバーのどんな時も・・事件に流されないよう、プロとして心の管理に向き合ってるとか、
そういうところがあるから、いいのかもしれない。
あと、ドア蹴破りたいし、銃をバンバン打ちたいのかも。
もしくは・・・あれだよね・・・なにかもうもっと、現実よりつらいものをみたいのかもしれないし、
チームの強い精神状況がほしいのかも。

「われめdeポン」

麻雀は全くわからないのですが、あの静かなところとじゃらじゃらいう音がBGVとして最適です。
最近は一応「あ・・これをそろえようとしてるのか?」とほんのちょっとだけわかるようにはなってきましたが、
用語もわからないし、ルールもよくわかってないから、なんでしょう。
聞き流し英会話みたいな感じで、聞いてます(爆)
相方には、麻雀を見てなんも考えないとか、ありえない!!といわれました。

もう本当に病んでるときは、プラスもマイナスも何一つメッセージはいらないのです。
静けさがあると・・より悲しくなるので適度な音がほしい・・
そういう時に出会ったのが、われめdeポンでしたね。
いろいろ試したのですが・・これが一番ほっとする。

まとめ

・私の精神状況は見ている作品でわかる
・楽しくなってきて、いろいろ書いていたら、洗濯が終わっている
・とりあえず、イケイケな内に「海賊戦隊ゴーカイジャー」見る!

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告