毎週金曜日、5:30の思い出[日々の記録が私を変える]

広告

このブログを作ってから、初めて3日ほどブログを書かなかった。
何を書いてもどうにもならない気がした。
書いたところで、時間は戻らない。

と書いたところで、筆がとまって2時間ぐらいたってしまった。

ご飯を食べてまた、PCの前に座っている。

先日、子供の頃大好きだったヒーローを演じた俳優さんが亡くなった。
twitterで知った。

Amazonプライムのおかげで、ちょうどヒーローを演じた俳優さんがでていた番組をみはじめていて、
子供の頃の懐かしい気持ちでいっぱいだった。
あの頃この番組を見てワクワクした、毎週が楽しみだった、と。

今の人生に毎日や、毎週がワクワクすることが少ない。
でも毎週、金曜日の5:30があるだけで9歳の私の人生は満たされていた。
金曜日があるだけで、1週間何があってもがんばれた気がする。

いや、がんばれていた。

悲しくてみられない番組がまた一つ増えた。

前にも同じようなことがあった。
その時もtwitterだった・・・。

ネットは嘘がたくさんあふれているのに、
こういうニュースが嘘だった試しがない。

嘘だってほしいと思うほど、嘘ではない現実。

いい思い出だけ残しておけばいいと、こういう時いうのかもしれないけれど、
その人の笑顔がまぶしければまぶしいほど、つらすぎる。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告