広告

立花岳志さんの「月間100万PVブログの作り方セミナー」に参加してきました。

で、今回はいきなり懇親会のエピソードを書こうと思います。
いや、お前、そこはメインのセミナーの話からだろ!との声が聞こえなくもないですが。
私にとっては、今日の「壁の花にならない決意」とは大きなことだったのです。

懇親会参加の時は、透明人間になることに徹してきた私

これまでの私は、10人を超える人数で開かれる懇親会を苦手としてきました。

会話を盛り上げていくことがどうしてもできない。
間ができると窒息しそうになって、その場から逃げたくなる。
聞き役に徹すると、「そうなんですか。」「そうなんですね。」しかいえないロボットのできあがり。

「場違いだった、参加したのがまちがいだった。」
いっそ消え去りたいと思って、無言で料理を食べる。

なのでこれまでは誰とも会話をしないように、目もあわせず、ご飯を黙々と隅で食べてきました。
セミナーのような意識の高い懇親会は、心が折れるから参加したことがありませんでした。

だが、今回は違います。
私には参加しなければならない理由があったのです。

絶対この人に会ってみたい!!と思って申し込んだ

「絶対この人に会ってみたい!」と思っているブロガーさんが多数参加されるのが、申し込み画面でわかりました。

あの人にも、この人にも、あってみたい。
話せるかな?話しても大丈夫かな?
いや、最悪遠くからそっと拝見するだけでもいいんじゃないかな。

申し込んだ時点では、そんな気持ちでいましたが、当日までの間に、私は考え方が変化していました。

「今日は壁の花はやめて、いつも読んでます!っていいにいこう!会話ができなくてもよいのだ!」

いったん相手がどう思うかはおいておこう。

そんな気持ちで、いざ懇親会!!に参加しました。

懇親会で、お礼を言いに行ったのにパワーをもらった!

今回、特にお会いしたかった方は琴市しづかさん、ブッキーさん、まごめじゅんさん。

琴市しづかさん

琴市しづかさんのブログは本当に大好き。
どうしたらあんな文章が書けるようになるんだろう。
言葉の選び方、話の展開の仕方、もう何もかもが好き。
絶対に書いている方に会いたい!と思っていた。

ゲスト登壇もされていて、ブログについてのお話をきくことができた。
「ブログを書くことは自分と向き合うこと」という言葉を胸に刻んだ。

そんな大ファンの琴市さんに懇親会でご挨拶をしたところ、「あ、ブログ読んだことあります!」といってくださった。
今日からまた頑張ろうと思った!!!

琴市しづかさんのブログはこちら▼

ブッキーさん

ブッキーさんは、このブログのコンサルもお願いしているのだけれど、実はこの日が初の対面。
ご迷惑をおかけしていたことも多々あり、お詫びに参上せねば!!の念願がかないました。
ゲスト登壇時の発表で、いつも切れ味鋭くコメントされる理由が分かった気がしました。

この時の発表も、ブログも、人を引き付けるブッキーさんのリズム、テンポ・・・私も磨きたいと思いました。
これからもバシバシ切られていこうと心に誓いました。

ブッキーさんのブログはこちら▼

まごめじゅんさん

そして、「ビタミンアカデミー」というブログを書いていらっしゃる、まごめじゅんさん。
私がコーヒーをやめるきっかけになったのは、じゅんさんの記事を読んで危機感を感じたから。
ご挨拶をしたら、とても喜んでくださってFacebookにも書いてくださってうれしかったぁ~。

90日を過ぎてコーヒー・・・もう飲もうか・・と迷っていた時でした。
今度はご本人に背中を押していただけました。
続けよう、100日過ぎてもコーヒーをやめていこう。

まごめじゅんさんのブログはこちら▼

懇親会では壁の花になってはいけない

そのほかにもたくさんの方にお会いできて楽しかった。
人見知りとか、自分なんか相手にしてもらえないとか、今まで勝手に理由をつけていたけれど。
そんなことはどうでもいいんだと思いました。

せっかくの機会なのだから、何か一つ、「いつもありがとうございます!」がいえればそれでよかったんです。
それだけで私はこうやって、毎日またブログを書けているのです。

幸せな体験は自分からつかみにいかないといけないのですね。

懇親会では、壁の花になってはいけない。

そう心に誓いました。

 

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告