広告

今日は「メアリと魔女の花」を見てきました。
予告編が気になっていたので相方と一緒に見に行ってきました。

なるべく考えないようにしていたけれど、やはり「ジブリ作品」と比較してしまいました。
見方がどうしても辛口になってしまう。

実は見るのを少し迷っていた

実は予告編気になっていたけれど、ちょっと迷ってもいました。
この映画の監督、米林宏昌監督の作品は「借りぐらしのアリエッティ」を見たことがあります。

ものすごくきれいな映像で、見入ってしまったのだけれど、ストーリー自体がちょっと重くて暗かった。
当時、メンタルの調子がかなり良くないときでした。
その後すっかり作品に心の引っ張られてしまい、、絶滅していく小人の気分のまま生きていました。

今回も映像の繊細さをみて、ちょっとドキドキしていました。
そして音楽も壊れそうなぐらい、せつないメロディ。
なんか思い出すな・・アリエッテイを。

しかし、スタジオポノックには興味がありました。
ジブリ出身者が作る、新しいアニメ映画。
これは見ないわけにはいきませんでした。

映画のストーリーはシンプルでわかりやすかった

ストーリー自体はそれほど難しいものではありませんでした。
私は原作を読んだことがないので、どれぐらい忠実なのかわかりません。
外国が舞台の映画ではあるけれど
「え、なにそれ、その設定聞いてない!」というようなこともなく、わかりやすかったです。

主人公のメアリが抱えているコンプレックスも親近感がわくものでした。

設定や主人公にの描き方も無駄な伏線もなく、シンプルだったと思います。

わかりやすかった半面、後半の盛り上がりには、少し欠けていたかな・・と思います。
エンディングが流れた時に、ちょっとぽかんとしてしまいました。

・・もっと盛り上がって、ぐいぐいスピードあげてエンディングだとよかったな。
私には少し物足りなかったです。
「え、そうやって解決してそこで終わっちゃうの?!」という思いで脳内がいっぱい。

そして、やっぱり宮崎駿監督のすごさを痛感

あと・・何かと・・ジブリの映画と見比べてしまう。
このシーンはラピュタっぽいな、とか。
このシーンは、千と千尋っぽいな、とか。
あれ、これってハウルに出てきたのに似てる~とか。

見方がちょっと辛口になってしまう。
だったら、やっぱりラピュタのほうがすごいでしょ、なんて思ってしまう。

逆に言うと、宮崎駿監督がすごすぎるんだろうか。
年を取るごとにスピード感が増していくストーリー展開。
多少強引でもぐいぐい引き込まれて押し切られていくパワー。
好きとか嫌いとかではなく、圧倒されるんですよね。

こうなってくると、宮崎駿監督が、引退を撤回して作っているという映画が楽しみだ・・。

余談:映画館もちょっと残念でした

私は映画館でポップコーンを食べながら、映画を見るのをとても楽しみにしています。
体には悪くても塩ポップコーンにバターをたっぷりかけてもらう。
それを食べながら2時間映画の世界に入る。

ところが、今回・・・映画館で買ったポップコーンが・・なんだかしけったような感じ。
何時間前に作られたんだろう・・・というような状態。
ほぼ冷たいポップコーンにバターかけられても・・・おいしくない。
映画が始まる前からテンションがさがってしまいました。

この映画館のポップコーンは、常にアツアツで、どこよりも特に美味しいと思っていただけに
すごく残念でした。
なにしろ、久しぶりの映画なので、わざわざレディースデイではない、この映画館にきたのに。

来週は「パワーレンジャー」をみようと思っているのですが・・映画館のチョイスに少し悩みます。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告