広告

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日、仕事を休みました。

前日から頭が痛い、理由のない鉛のような体の重さ、がありました。
めざましで起きた時も、頭が少し痛かった。

LINEみたら、昨日のかみついた反撃よろしく、店長からミスの指摘がダダっときてて、ちょっと笑った。
初めて反撃してきたなー、と。
しかもそのミスが、なかなか低レベルだったことも昨日の自分の体調の悪さを表していておもしろかった。

なんとか起き上がって、ベットに腰を下ろしたけれど、どうしてもそこから立ち上がって仕事に行くことが出来そうになかった。
たぶん、頑張れば今日も出勤できたと思う。
昨日と同じくらいのローテンションで、動きも遅いけど、仕事はできたような気がする。

でも、今日、誰かと話すこととか考えただけでつらかった。
あの人もこの人も愚痴を言ってくるだろうし、
あの人は辞めるし、
この人はもう週末入ってくれないんだ
頭の片隅でどこかそう思う。

そして自分の口から出る言葉が、
疲れたとか、
つらいとか。
明るいことは上辺だけの言葉で、なんとか絞り出す。

スタッフの話を聞きながら、でもたすけてくれないじゃない、と恨む気持ちが毎日膨らんでいるのも辛かった。
埋まらない希望シフトを毎日みて、あの人も入ってくれなくなったな、この人も時間短くなったな、この人辞めるんだな、とか、スタッフの名前を見るのも、嫌だった

スタッフのことは大好きなのに、どんどん心の中で恨みばかり増えていく。
そういう自分が嫌だった。

どうにもならない事なのに、割り切れない自分が悪いのに、毎日現実を心に刺されていくのが、辛かった。憎かった。

ただ、早く1日過ぎればいいのにと、
仮面のような笑顔で時計ばかりみている毎日だった。

体調よりも、心がもう限界だと思った。
今日いくのは嫌だ、誰とも話したくない。

スマホを手に取った。

急な休み希望だったが、声を聞いた瞬間に店長が、「休もう、やばそうだ」といってくれたので、言葉に甘えた。

今日行かなくていいと思ったら、少し心が軽くなった。
誰にも会わなくていいし、笑わなくてもいい。
あの人を今日も、嫌いにならなくてもいい。
埋まらないシフト表を見なくてもいい。

もう1回ベットに潜り込んで、また眠った。

夜、日付を過ぎたあたりから、微熱が出始めた。
明日は土曜日だから、這ってでも行かなくては。
でもいきたくない、と体が叫んでる気がする。

とりあえず寝てみよう。
もしかしたら、気持ちも体調も変わるかもしれない。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告