広告

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

転職活動をするのは2回目です。

前回は、前職を心身ともにボロボロでやめたあとに行っていたのですが、今回は在職しながらやってます。

前回退職を先にしたことに後悔はないけれど、やっぱり在職での仕事探しがよいのかもな、と思ってます。

あせりが自分を痛め付ける

なぜなら、「あせり」で目の前が真っ暗にならないから。

前回は半年ほど無職をしましたが、家賃、税金などで減り続ける貯金残高、時間が経つほど冷淡になっていくエージェント、仕事を探せば探す程失礼なことをいわれたり、人格否定までされる会社に出会ったり。

そんな会社行かなくてもよかったのに、落ちたこと絶望したり。

しかし1人で活動してるわけで、誰も助けてくれないのです。
迷いに迷って、方向性も分かんなくなって、それこそまた病んじゃいそう、、って所まで行きました。

もう致し方ない!やるしかない!とふっきれた時に今の仕事に決まりました。

あせりって、ほんとに自分を痛めつけます。
「これを逃したらもうダメなんじゃない?」
って、焦りすぎて何も見えなくなります。
変な求人かもっていう心の声を全部無視します。
不安すぎて。
お金がなくなって死ぬかもって。

在職してると冷静になる

ありがたいことに、私にも登録しているサイトからエージェントさんや、企業からご連絡をいただけます。

今よりずっといいお給料だったり、休みの数だったり。
そういう求人を見ながら、そこだけにはとらわれず
「ほんとにやりたい?」
って考えてます。

私は自分否定がかなり強いので、「できない理由」を常に探してしまうから、やりたいをかき消してないか考える必要はある。

ただ、求人を見るだけでなく、ホームページやクチコミをみて、
「結局残業がすごくあるのか」とか
「女性の活躍という観点はなさそうだな」とか
「仕事自体はおもしろそうだけど、明らかにカルチャーに馴染めなさそう」
とか、

一つずつ冷静に見ることができます。

前回だったら、何とかやれないかって、無理やりやりたくないけどやれる、みたいなことばかりかんがえてました。

もう求人が来ない可能性も有るけれど、それでも死なない。
一応続けていける仕事と収入もあるなら、例えば講座に通いながら別の道も模索する、なんてこともできるし。

仕事がある、ってやっぱり大きいですね。

なんだか現在の仕事にもありがたみがでてきた。
思いがけない効果だ!

では、おやすみなさい!

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告