広告

この職場、
いろんな人に訴えたり、本部の人を呼んだり、いろいろ頑張ったけど、これが今末期だといえるんだな、、という出来事を目にした。

あぁ、終わるなぁ、って思った。

湯ノ口さんがおっしゃっていた
「場の力」がなくなったらこうなるんだ。
なんて思った。

場の力は圧倒的なカリスマが作ることがあるかもしれないけど
多分一人ひとりが生み出して作られていくのだと思う。

1人があきらめて、
また1人があきらめて、
あきらめて、
あきらめて、
あきらめて、
あきらめて、

そして無くなる。

で、それがなんだな。

転職活動してる私が言うのはおかしいかもしれないけど。

今の仕事、様々な要因の積み重ねで、
もうこれ以上何をやっても、ダメだなぁって、シフトを見て今日思った。

とうとうだまっていたリーダー陣も総崩れ。
1人は全欠勤。他もボロボロと歯抜け。

たぶん、いや、言い訳はできない。
私にも非はある。

あきらめてしまったんだ。
この現状を。
よくすることも、もがくことも疲れてしまった。
無意識にずっと奥歯を噛み締めながら働いてることに、昨日気づいてしまい、あぁ、何に耐えてるつもりなんだろう、と思った。

たぶん、、店長も今の現状をあきらめたんじゃないかな。
引き継ぎ一切無し、仕込みが全く終わってなくてもさっさと事務所に引き上げる。
人がいなくても声をかけることをあきらめてしまったみたいだし、自分の時間、出勤以外のことは一切見向きもしなくなった。

でもね、、私、ひとつだけ心に言い聞かせてることがある。

やる気をなくすのと
なにもやらないのは、全然違う。

やる気があってもなくても、するべきことはする、と決めている。
最低限、明日の人が困らないように、困ることが想定されるなら尚更丁寧に。

自分のやる気がないから、人を巻き込むのはよくない。

いや、これも言い訳だな。
やる気ない、って場の力をもう壊してるもんな。

もしかしたら、これは贖罪の気持ちでやってるのかな。

でもせめて、やるべき事を放棄しない。
この一線だけは。

これだけは、最後まで放棄はしない。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告